taiga blog       

蜘蛛の様に巣をはりめぐらせろ〜swelling like a spider nest〜
<< 一杯のコーヒー | main | in LA  3日目 Dodger stadium 、4日目 wilshire blvd.→DOWNTOWN >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
in 神津島

3月3日から東京都の神津島に行ってきた。

何しに行ってきたかというと、地域医療を体験し神津島の健康問題を明確にしてこれからの地域医療の発展に役立ててもらうために行ってきた。正直、行く前まではあまり乗り気ではなかった。春休みだからいろんな所にも行きたかったし、チェロも久しぶりに弾き始めたのでチェロとのしばしのお別れは寂しい感じもした。

神津島のことを少し話しておくと、海が本当に綺麗。沖縄で見た海のようで、晴れた日に見るとスカイブルーの色で海底の岩まで透き通って見える。夏にはサーフィン、ダイビング、海水浴の観光客が来るみたいで、東京からのアクセスも飛行機で45分という近さなので知ってる人ぞ知る夏のベストスポットの島。食べ物も今の時期は伊勢海老(俺は食べれなかったけど)や金目鯛などが美味しく、泊まった旅館では毎日お刺身が出ておそらく今年1年分くらいであろう美味しい刺身をいただいていた。他にも匂いが強烈だがくさやとか明日葉の天ぷらとかおいしいものがたくさんある。ぜひ時間があれば夏にでも行ってもらいたい。

今回俺は家庭訪問班に配属されていたので主に家庭訪問をやっていた。初めは、島民にの方と話すことに奥手になっていたが、何日も続けてやっていくうちに慣れていき最初のつかみもうまくいくようになり島民と話すのが楽しくなってきた。ほとんどの人が「あんまり時間ないけど〜」というので、こちらが「10分ぐらいなので。」というと了承してくれるけど、話しているうちに向こうがいろんな話をしてくれるので結局は30分くらいかかってる。そこらへんも、こんな学生にいろんな話をしてくれる島民のいいところなのだろう。中には若いもんと話せるのがうれしいのか家にも上げてくれてお茶まで出してくれるところもあった。田舎の人々の人間性というものは本当に温かいものなんだなと感じた。漁師さんは俺たちが泊まっているので釣れた魚を持ってきてくれたり、野菜を分けてくれたり人の繋がりが半端なく厚い。常にニコニコしてるおじいちゃんも本当にいい人だった。

家庭訪問をしていて1番印象に残った家庭は1人暮らしのおばあちゃんで、おばあちゃんは歌を歌うのが好きでお酒は飲まないがみんなとワイワイするのが好きだと言っていた。でも年をとるにつれて病気をしてしまい歯も抜けてしまって入れ歯を作ったけどそれが合わないので、人と話しているうちに取れてしまうことがあるらしく、それ以来外に出て人と会うのが嫌になりほとんど家にいるようになってしまったといって言った。新しい入れ歯も今の年金だけだと高くて買えないらしく、今の悩みは入れ歯が作れないことだと言っていた。俺たちと話してる時の口を手で覆いながら話していた。そのおばあちゃんは短歌も書いてるらしく、実際に玄関にはNHKのコンクールに入賞した賞状が飾られていた。神津島にはシルバーセンターというものがあり高齢者が月に2,3回そこでお仕事をするのだが、それにも本当は行きたいけど人と会うのが怖いのでなかなか行く気にはならないと言っていた。このおばあちゃんにちゃんと入れ歯を作ってあげたら、どんなに楽しい生活を送ってもらえうのかと考えると、この活動の重要性が見えてくる。

この活動は都から金を出してもらい調査しているので、ここでちゃんとした医療調査をすれば島民のまだまだ他にもあるであろう悩みを解決させられるほうに行けるかもしれない。

今は医師不足と騒がれているが、医師を孤島に配属させるだけでは全体的な問題は解決されないのかもしれない。あるおじいちゃんも入れ歯のことで歯医者に行ったら、ここでは治療できないから大学病院に行ってくれと言われたが、行ったところでそんなお金もないらしくマスクをしながら話していた。医師を孤島に供給することはもちろん大事かもしれないが、人々が日本全国、全島どこにいても同じ医療を受けられるようにしていかなければ問題は解決されていかないのではないか。

今回神津島に行き、地域医療の実態を知り残り2年間の活動次第でいい方向に行く気もするがこの現状のまま終わってしまう気もする。なんとかやり切らなければ。




| diary | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:37 | - | -
Comment
Send Comment









Trackback URL
http://taiga-k0777.jugem.jp/trackback/52
Trackback
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS